東京のクリニック

聖心美容クリニックで、ほくろ除去【六本木に東京院】

聖心美容クリニック

聖心美容クリニックは全国展開しているクリニック。

東京には現在、六本木に「東京院」があります。

地下鉄 日比谷線「六本木駅」から徒歩3分。

ほくろ除去は「電気凝固法」と「切除法」で対応しています。

CO2レーザー(炭酸ガスレーザー)での治療法は、ありません。

料金は他のクリニックに比べると、やや高めになっていますが、しっかりした施術法で、ほくろ除去を行なっています。

この記事では聖心美容クリニックの、ほくろ除去に関する料金、アクセス方法などを紹介しています。

東京の六本木で、ほくろ除去を検討している方は参考にしてくださいね。

聖心美容クリニックの公式サイトはこちら


聖心美容クリニックのほくろ除去

聖心美容クリニックのほくろ除去

聖心美容クリニックのほくろ除去は、切除法電気凝固法の2種類。

  • 切除法…ほくろを切除して縫合する方法
  • 電気凝固法…電気で蒸散して取り除く方法

大きいほくろでなければ電気凝固法で、キレイに除去することができます。

盛り上がりは大きくても小さいサイズのほくろであれば、レーザーや電気凝固法での治療が可能です。

どの治療法が適しているかは、医師の診断によって提案することになっています。


電気凝固法によるほくろ除去

茶色や黒色のほくろや、盛り上がりのあるイボ状のほくろは、局所麻酔を行なって高周波の電気で、ほくろを蒸散させて除去。

複数のほくろを同時に除去することも可能です。

電気凝固法によるほくろ除去

  1. 施術当日
    治療時間は、ほくろの大きさにもよりますが、わずか数分で完了します。
    局所麻酔を行うので、痛みに敏感な方でも大丈夫です。
    施術後、処置部位にテープを貼って保護。
    自然に剥がれるまで、そのままで過ごします。

  2. 翌日以降
    替えの保護用テープを渡されるので、剥がれたら貼り替えてください。
    メイクや洗顔はテープを貼ったまま行えば、問題はありません。

  3. 約2週間後
    自然にかさぶたがとれて、ほくろの色素も消えていきます。
    ほくろの芯の深さにもよりますが、しばらくは赤みと凹みが見られるでしょう。
    3ヶ月から半年かけて、次第に色や凹みが落ち着いてきます。


切除法によるほくろ除去

切除法の場合、ほくろは1回で除去することが可能です。

しかし白い線状の傷跡が、残るデメリットがあります。

また、かなり大きサイズのほくろは、切除と縫合が必要になるかもしれません。

局所麻酔をしたあとに、ほくろとその周辺を切除して縫合します。

切除法によるほくろ除去

  1. 施術当日
    治療時間は、ほくろの大きさにもよりますが数分で完了します。
    局所麻酔を行うので、痛みが心配だという方でも安心です。
    茶色のテープを処置部位に貼って、保護します。

  2. 翌日
    翌日からメイクや洗顔は可能です。
    縫合している場合は縫合箇所を避けて、メイクをするようにしてください。

  3. 約1週間後
    縫合した場合、抜糸が必要です。

  4. 約2週間後
    かさぶたが自然にとれます。
    ほくろの深さにもよりますが、しばらくは赤みと若干の凹みが、みられるでしょう。
    3ヶ月から半年かけて、徐々に色や凹みが落ち着いてきます。


聖心美容クリニック、ほくろ除去の料金

聖心美容クリニック、ほくろ除去の料金

聖心美容クリニック、ほくろ除去の料金を紹介。

  • 電気凝固法(1mm)…9,800円(税別)
  • 切除法…78,000円(税別)※

※切除法は大きさによって異なるので、正確な金額は診察によって判断するようになっています。


ほくろ除去の症例写真

ほくろ除去の症例写真

聖心美容クリニックで、ほくろ除去治療を受けた方々の症例写真を紹介。

電気凝固法


電気凝固法の症例写真

30代女性
料金9,800円(税別)
施術内容:局所麻酔下に電気凝固で、ほくろを削り取って除去します。
リスクや副作用:内出血・色素沈着・くぼみ・赤み・再発・傷跡




切除法


切除法の症例写真

30代女性
料金78,000円(税別)
施術内容:局所麻酔下に電気凝固で、ほくろを削り除去。
そのあとメスでの切開による切除、縫合を行なっています。
リスクや副作用:電気凝固の場合、内出血・色素沈着・くぼみ・赤み・再発。
切除の場合、感染・ケロイド・瘢痕。


ほくろができる原因と種類

ほくろができる原因と種類

ほくろは大きく分けると「単純黒子」と「色素性母斑」の2種類。

一般的な、ほくろは色素性母斑のことを指します。

これは母斑細胞の増殖で生まれつき、皮膚に存在。

何からのきっかけでメラニン色素を産生すると、色素斑(シミ)として、目で見えるようになります。

母斑細胞の数が増えてくると、皮膚から盛り上がった、ほくろへと変化。

他にも「老人性血管腫」と呼ばれるほくろなど、種類がさまざま。

色や大きさも、それぞれ違います。


色素性母斑の原因

色素性母斑(しきそせいぼはん)は母斑細胞が、いくつもの層になり重なっていて、次第に盛り上がってくる、ほくろです。

できたばかりの時は小さなほくろだけど、徐々に大きくなったり盛り上がってきます。

色も着色していないものから、茶色いものまであり、さまざまです。

また皮膚の表面近辺にできるものから、奥に向かって増えていくものまであります。

レーザーや切除手術で取り除くことが可能です。


単純黒子の原因

メラニンを作り出すメラノサイトが皮膚の、ごく浅い部分にあり、メラニンを生成したのが単純黒子。

薄茶色から黒いものまで、色もさまざまなものがあり、大きさも1〜2mmと小さいものが多いです。

レーザーで一度に治療することができます。


ほくろができる原因

ほくろができる原因

ほくろは色素を作るメラノサイトの良性腫瘍で、紫外線によるメラノサイトの異常が主な原因。

メラニン色素は、表皮内の基底層というところにあるメラノサイトで作られます。

ほくろはシミと同様に、メラニン色素によって黒っぽく見える状態です。

しかしほくろは単にメラニンが沈着しただけではなく、メラニン色素とメラニンを産生するメラノサイトが、一部分に増殖した状態。

そのためシミよりも色が濃くて、盛り上がりがある場合もあります。

この他に外部からの刺激によって細胞が傷つき、ほくろができる例も。


このようなほくろには注意!

このようなほくろには注意!

  • ほくろが急に大きく盛り上がってきた
  • ほくろの色が変わってきた
  • ほくろの周囲が、でこぼこしている
  • ほくろから血が出た

このように異変が起きた場合は、注意が必要です。

稀にガンや悪性ほくろの可能性があります。

足の裏など通常、紫外線を浴びないようなところにできた場合でも、念のため組織検査をしておくと安心です。

検査には組織が必要なので、レーザーではなくメスで切除をします。

※聖心美容クリニックでは組織検査を行なっていません。


聖心美容クリニック東京院のクリニック情報

クリニック名 聖心美容クリニック 東京院
住所 東京都港区六本木6-6-9ピラミデ2F
診療時間 10:00~19:00(完全予約制)
休診日 なし
電話番号 通常受付 0120-911-935(09:30~20:00)
夜間受付 0120-773-566(20:00~23:00)
※夜間受付は新規予約のみ
アクセス 地下鉄 日比谷線六本木駅から徒歩3分

地図


聖心美容クリニック東京院のアクセス

  • 地下鉄 日比谷線「六本木駅」より徒歩3分
  • 地下鉄 大江戸線「六本木駅」より徒歩3分

旧麻布警察署の裏です。

※現在、麻布警察署は移転しています。

聖心美容クリニックへのアクセス方法。

六本木駅からの場合

  1. 六本木駅の3番出口から、地上に上がって左手へ約2分ほど進みます。
  2. 旧麻布警察署の手前にある小道を左折。
    ※現在、麻布警察署は移転しているので注意してください。
  3. 小道を抜けると、正面にピラミデビルがあります。
    中庭にエスカレーターを上がって2階正面が、聖心美容クリニックです。


まとめ

聖心美容クリニックでほくろ除去

聖心美容クリニックは現在、東京の六本木に東京院があります。

六本木駅より徒歩3分。

ほくろ除去は、電気凝固法と切除法で治療

小さいサイズのほくろなら電気凝固法で、キレイに削り取って、わずか数分で除去します。

料金は9,800円(税別)と、ほくろ除去の料金相場より、やや高めですが豊富な実績と、安心安全な治療での対応となっています。

六本木で、ほくろ除去を検討している方にオススメです。

カウンセリングも行なっているので、気軽に相談をしてみてくださいね。

聖心美容クリニックの公式サイトはこちら

直接来院せずに、オンライン相談を受けることもできます。


-東京のクリニック
-, ,

© 2020 ほくろ除去、東京でおすすめの皮膚科を紹介!